てきすとぽいトップページへ
第24回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  12 
カフェオレ色
ぽてと
 投稿時刻 : 2014.12.13 23:53
 字数 : 3044
5
投票しない
カフェオレ色
ぽてと


 違いなんてどうでもいいじないか、なんて思う。

 カフラテ、カフオレ、ミルクコーヒー、コーヒー牛乳、加糖コーヒーミルク入り。
 その辺の事情に明るくない俺でもこのくらいはすぐにあげられる。コーヒーと牛乳を混ぜて、お好みで砂糖を入れただけの単純な飲み物だ。製法が異なるだとか、豆が違うだとか、根本から違うとか、いろいろ言われそうな考えであるけれど、基本茶色のおいしい飲み物てことは変わりないんじないか。
「厳密なものは専門店に任せておけばいいんだての」
 
 俺は家の扉を開け、足早にマンシンの階段へ向かた。すぐに帰てくるから鍵なんてしなくとも平気だろう。
「1人暮らし男子高校生のもとに、空き巣なんて来やしない来やしない」
 体を冷やさんと襲てくる夜の寒さと冬の風を何層羽織た服で護り、しかし寒いので肩を震わせつつ、階段を駆け下りていく。このマンシンは築20年だけあてエレベーターがなく、どんなに寒い風が吹こうとも、自分の足で降りるしか手段がない。
 俺の住む最上階でも4階までしかないから、問題ないといえば問題ないのだが。
「ただ寒いのを我慢すればいいだけ。……てそれが一番問題なんだけど」

 1階まで降り、数メートル先に見える縁を赤く塗装された自動販売機へと足を運ぶ。
「ええと、110円は」
 ポケトから財布を取り出し、冷たい環境でも変わらず働いてくれる自動販売機に感謝しつつ、お金を投入した。金額に応じて自動販売機の一番下の段に並ぶ缶のボタンが光る。
「うう。さみ
 特に迷うことなく、悩むこともなく、ボタンを押した。「あたたかーい」さえ満たしてくれていればいい。あとささと決めて暖かい我が家に帰るのだ。
 この寒空の強行軍の戦利品を勝ち取るため、俺は腰を折て商品取り出し口に手を伸ばす。

「ん?」
 奇妙なものを見て、眉をしかめた。
温かいを通り越して熱いカフラテ缶を取り出し姿勢を戻しながら、それから目を離せなかた。
 そこは紙幣挿入口で、本来なら千円札を挿入するのに用いるはずだ。自販機から出てくるときもあるが、それはうまく認識できない時やおつりの場合のみである。それも飲料の自動販売機だから千円札しか入れられず、おつりで紙幣は返てこない。
 それなのに。
「なんか、出てきた?」

 先程、俺が買うときには何もはいていなかたはずだ。
 おそるおそる挿入口から出てきたものに手を伸ばし、引き抜いてみた。少しだけ掲げ、自動販売機の光に照らしてみる。
「ただの、白い紙、だよな?」
 真白で折り目も曲がた後もなく、きれいな一枚の紙が自動販売機から出てきた。サイズは千円札と同じくらいだろう。

 カラン。

「おう
 硬貨返却口から何かが落ちた音が聞こえた。気の入ていないところからだたのでちとだけびくついてしまた。
「なんだろ?」
 この白い紙と同類か、それとも白い紙の謎を紐解く鍵か。

 好奇心に誘われて手を突込み、指に触れたものを抜き取る。ゆくりと、自分だけしかいないのにもたいぶらせるようにして、目の前まで持てきた。一度呼吸して、期待感を倍増させる。
 またもゆくりと手のひらを開いて、その正体を明らかにした。

「指輪かあ」
 銀色の金属の輪に、茶色の宝石が乗たシンプルな指輪だた。アクセサリーの類に関してもあまり詳しくないし、興味もない。大方誰かの忘れ物なのだろう。
「がかりだな。てさむ!」
 好奇心が治またと同時に体が現状を思い出したのか、急に歯がかちかちと鳴らし始め、体が小刻みに震えてきた。
「寒い!」
 熱い缶から表記の「あたたかーい」温度になた缶を両手で抱えつつ階段をダで上り、鍵をかけていなかた自分の家へ駆け戻た。

 リビングに座て缶を開け、猫舌に優しくなたカフラテに口をつける。
「ああ、あたけえ」
 温かな液体が体に取り込まれるのを感じて、ほと息をついた。
「さて、これどうしよか」

 目の前の机の上に置いたのは、白い紙と指輪。それと飲みかけのカフラテ缶だ。3つを眺め、考えをまとめられず、カフラテを再び飲む。
「うーん。白い紙はどうでもいいとして。指輪は必ず持ち主はいるよなあ。でも、あんなとこに落とすかあ?」
 持ち主の指がとてもゆるゆるで、硬貨返却口のふたか縁にひかかて落としてしまたとか。それともいたずらで指輪をしかけてみたとか。いくら考えてみても、納得できるようなものは思い浮かばなかた。
「ま、いか。ほんとに大事なら、あんなとこに落とさないか! なんか安ぽいし。それより」
 興味はないといても、高校生になたのだから少しはオシレしてみたい気持ちがあるにはある。
「ちと、ちとためしにね。いや俺が普段していくわけじなくてね」
 誰かに言い訳しつつ、右手の中指に指輪をはめてみる。おお、ぴたり。
「なかなか似合うんじね?」

「あれ?」
 抜けない。
 一通り眺めて満足したので指輪を抜こうとすると、指にはまて抜けなかた。
「ふん!」
 力を込めて引てみても、抜ける気がしない。ぐりぐりと回してみても指輪が動いている様子が見えなかた。
「こんに!」
 渾身の力を振り絞て、肘を張て両側に引てみる。
「こんのー、抜けろ! あ!」

 思わず、声が出てしまた。
 指輪が抜けたんじない。力いぱい引ていたため、周りを気にするのを忘れていたのだ。だから、そう、肘が缶に当たてしまたのだ。まだ半分も飲んでいなかたカフラテ缶に。
「やばいやばいやばい!」
 急いでタオルを持てきて、こぼれたカフラテを拭ていく。こんなことになるなら無理に指輪を抜くんじなかた。

「ふー
 見えるあたりのカフラテが吹き終わり、一息つく。俺の愛用ゲーム機もパソコンもひとまず無事だ。
「よかたよかた」
 俺の代わりにカフラテを飲んで茶色くなてしまたタオルを洗濯機に入れようと持ち上げて、気づいた。白かた紙もカフラテを吸て茶色く変色していた。

「ん?」
 その紙の異様さに、顔を近づけてみる。
 ただ一様に茶色くなているわけではなく、濃さが違う部分があた。それも、規則正しく濃さが分かれていて、それがどうやら文字を形成しているようだた。
 未だ汁気がある紙を持ち上げて、記されている文字に目を通してみる。

「契約、書? 『このたびは弊社商品を、ご購入いただきありがとうございます』? なんだこれ? えとそれで」
 意味不明な内容に、思考が止まる。ただ状況を把握しようと文章を読み上げる。
「『契約が成立いたしますと、お客様はいつでもカフオレを飲むことが出来ますが、代わりにカフオレ以外の飲み物を飲むことが出来なくなてしまいます』!? いやいや、意味がわかんなすぎでし
 ツコミをいれつつ、契約書を読み進める。
「『仮に摂取いたしますと、胃酸が逆流して全てを吐き出そうとしてしまいますのでお気をつけください。それらをご理解の上、契約をお願いいたします』、か。なんだ、契約しなきいいのか、なあ、んだ」
 一瞬ほと安心したが、右手につけた指輪を一瞥し、契約書の最後の文に目を通す。

「『指輪装着が契約の証です。一度装着しますと一生外すことが出来ません』!?」

 タオルも契約書も手放し、指輪に手をやる。引てみるものの、取れるどころか、動く気配がない。指と一体化してしまているような気さえする。


「今更になて気づくけど」
 自分のくだらない主張を思い出して、鼻で笑た。
「コーヒー牛乳、飲みてえ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない