てきすとぽいトップページへ
第25回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動3周年記念〉
 1  13  14 «〔 作品15 〕» 16  20 
博士の告白
 投稿時刻 : 2015.02.14 23:46
 字数 : 1657
〔集計対象外〕
5
投票しない
博士の告白
多千花香華子


 博士、と形容したくなる男が立ていた。
 白い蓬髪の下に分厚いメガネをかけ、白衣を着ている。
 実際にこの男は博士だた。
 精神工学博士、新渡戸四郎。
 精神工学とは実在すら怪しまれている学問だたが、新渡戸博士は旧共産圏の秘密私大において、その学位を取得していた。
 新渡戸博士は指につまんだ結晶状のものを、やはり白衣を着ている若い女に見せながら言た。
「白百合くん、まずわたしが告白しよう……
 清楚な佇まいの若い女、白百合くんは小首をかしげて尋ねる。
「なんですか博士らしくもない。改ま……
「数日前、キミが居眠りをしているあいだに、改造手術を施した」
「ええ、ヒドイ! なんで勝手にそんなことするんですか!」
「脳外科手術など、キミは許してくれまい」
「あたりまえです! そんな危ないこと!」
「でもしち……
 白百合くんは青ざめた。
 この博士ならやりかねないと察していた。
 ふらふらと立ちあがりながら言う。
「わたし……とお医者さんに行てきます……、手遅れかもしれないけど……
 新渡戸博士は待たをかけた。
「少し待ち給え白百合くん! ぼくの話を聞いてからでも遅くはない!」
「じ、いちおう聞きます。話してください」
 博士は天井を仰ぎながら恍惚とした表情で口を開く。
「ぼくには夢がある。人の秘密を知りたい。そして同時に人と人が精神世界でつながりあていることも証明したか……
「だからといて脳外科手術なんてやめてください!」
「ごめんよ、白百合くん。でももう終わたことなんだ。キミの前頭葉にこの装置を組み込んだ。あとは起動するだけなんだ」
 白百合くんは怯えながら尋ねた。
「いたいどんな働きをするものなんですか……?」
「このスイチを入れれば、キミはぼくに秘密を告白せずにはおれなくなる。そして実験が成功すれば、衝動は精神世界を伝染して、キミの知り合いもぼくに秘密を明かさねば、いてもたてもいられなくなるんだ……
「そんな、やめてください、そんなこと!」
「もう遅い!」
 博士は手の中で弄んでいた結晶状の塊を捻た。
 白百合くんが「あ!」と声をあげる。
 それからもじもじした様子で、口を開いた。
「博士、ごめんなさい……、博士にいれていたお茶、いつも雑巾の絞り汁を使てました……
「お、おう……
 それだけ言うと白百合くんは伸びをした。
「言たらなんか眠くなてきち……
 そう言て奥の仮眠室へ消えていく。
 新渡戸博士は悄然としながらも、佇立して待た。
 不本意な告白ではあたが、実験の第一段階は成功した。次は想定通り、衝動が伝染するかだた。
 数分後、博士の電話が鳴た。
「はい、新渡戸ですが」
 電話から初老らしい男の声が聞こえた。
「新渡戸博士ですか? わたしは白百合の父なんですがお話したいことがあります」
 白百合くんの関係者からの告白だた。
 実験は成功だ!
 衝動は精神世界を伝染する!
 博士は電話の相手へ話を促した。
 白百合くんの父親はおずおずと秘密を喋た。
「じつは、わたくしとあなたの奥さんは三年前から男女の関係でして……
「お、おう……
「あー、言たらすきりして眠くなてきた。じ
 そこで電話は切れた。
 不本意な告白だたが、実験は成功した。
 でも、新渡戸博士はあまり嬉しくない気がした。
 それから何度も電話が鳴た。
 次からは日本語じなかた。
 英語、ポルトガル語、タガログと続く。
 博士は語学に精通していたので、すべての話がわかた。
 とりたてて面白い話でもなかた。
 新渡戸博士は気分転換しようと、テレビのスイチを入れた。
 画面の中で、慌ただしい雰囲気の臨時ニスが流れていた。
 黒覆面の男がマイクに向かて喋ている。
 女が同時通訳していた。
「ドクター・ニトベに告白します。我々はロシアから入手した核弾頭をアメリカ、シカゴへ持ち込みました。爆破予定時刻は……
 それから一週間ののち、新渡戸博士は大統領から感謝状をもらうことになた。
 博士はこの世が思い通りにいかないことを悟り、余生は実験の秘密を隠してひそりとすごしたという。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない