てきすとぽいトップページへ
第26回 てきすとぽい杯
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  13 
放課後の屋上で
 投稿時刻 : 2015.04.11 23:32
 字数 : 607
5
投票しない
放課後の屋上で
ra-san(ラーさん)


 放課後の屋上で、いつも彼女は煙草を吸て待ていた。

「やあ、少年」

 斜陽に白衣を赤く染め、彼女は片手を上げて僕を迎える。

「少年はやめて下さいよ、先生」

 彼女が僕の顔に煙草の息を吹きかける。僕がむせると彼女は笑た。

「いじめですよ、それ」

「愛だよ、少年」

 僕の抗議を煙に巻いて、彼女は沈んでいく太陽に目をむける。
 赤焼けの空に滲むように太陽は潰れていき、夜がじんわりとその腕を広げていく。

「愛てなんなんですかね」

 僕がぽつりと呟くようにそう聞くと、彼女は煙草の火を消して、吸い殻を缶コーヒーの空き缶にぽとりと落とす。そしてぽつりと呟くようにこう返した。

「足りないものさ」

 僕が怪訝な顔をすると、彼女は夕日にむかい両手を広げた。

「ああ、足りない、足りない! このやさしい夕射しのように愛はそこに見えているのに、どうしてこんなに足りないのか! みんなこうしてすり抜けて、なにもあたしには残らない。たとえ地球百個分の愛があても、あたしは満たされたりなんかできない!」

 芝居がかた口調で彼女が叫ぶ。僕はコーヒーの空き缶を逆さに振て、吸い殻を取り出すと、それを口にくわえてみた。苦い味が口に広がる。顔をしかめながらそれでも僕は彼女に聞いてみた。

「僕じ足りませんか?」

 目を丸くした彼女は、やがてにやりと笑うと、僕の口から吸い殻を取り上げてこう言た。

「あと五年」

 日没。
 彼女が僕の額にキスをした。
 これは地球何個分なんだろうと、僕は思た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない