てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 13
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  8 
the_flame(unfinished)
 投稿時刻 : 2015.07.19 19:33 最終更新 : 2015.07.19 19:59
 字数 : 9895
5
投票しない
目次
1. 授業が全て終わったので、この教室からいちばん近い自習室へ向かうことにした。
2. 「おう、ちょっといい?」
3. 今日の授業は全て終わり、閉館まで二時間ほどあったので、私はいつもの自習室に向かった。あまり期待せ
4. 彼らは先生に質問しに行くということなので休憩室で別れた。私はエレベーターに向かわず、階段へ向かっ
全ページ一括表示
更新履歴
- 2015.07.19 19:59:29
- 2015.07.19 19:56:11
- 2015.07.19 19:55:50
- 2015.07.19 19:52:51
- 2015.07.19 19:51:45
- 2015.07.19 19:47:04
- 2015.07.19 19:46:23
- 2015.07.19 19:46:06
- 2015.07.19 19:43:33
- 2015.07.19 19:43:14
- 2015.07.19 19:42:38
- 2015.07.19 19:33:09
1 / 4
the_flame(unfinished)
朝比奈 和咲


 授業が全て終わたので、この教室からいちばん近い自習室へ向かうことにした。
 予備校が閉まる時刻まであと二時間あた。英語の授業が辛く、先生の板書を書き写せても、理解はできていない。重要英単語や熟語の暗記はできた。サルでもできることだから、なんのアドバンテージにもならない。
 辛いのは長文の速読だた。せかく覚えた英単語の意味がつながらない。日本語がぎこちなく、英文和訳の問題に時間がかかる。さらに困るのは、私の速読のまま和訳すると、全ての登場人物の話し方がやたら丁寧になてしまう。女子が男子にCool! と言たシーンを「カコいいです!」と訳す、そしてYEAH! という返事をそのまま「イエーイ!」。日本人が日本語でそんな会話をしていたら噴飯ものだと思た。少なくとも私は「カコイイです!」だなんて口が裂けても言わない。
 十一階の自習室の入口に着き、隣にある自習室利用受付発券機で空席を探した。が、この階の自習室は満席だた。センター試験まで残り三か月を切たからだろうか。一週間ほど前から自習室は空きが少なくなた。夏休み中にはありえないことだた。
 夏休み中は日が沈む前に帰宅する人が多く、八時過ぎになると空席があちこちにあた。友達と一緒に帰宅する彼らの方が高校生として正しい姿なのだろうと思い、予備校に友達がいない私としては会話を弾ませながら帰宅する彼らが羨ましかた。その反動か、ああいう奴らがセンター試験が近づくにつれに辛い思いをするんだと決めつけ、今に見てろと一人で必死に英語の長文問題を解いていた。そうして今。できなくて焦ている私がいる。なんとも、滑稽な話だと思う。
 自習室は他にもあたが、私はなんとなしにドアノブに手をかけ、席もないのにそのまま入室した。相変らずの広く薄暗い静かな一室に、一つ一つブースになて隣と区切られた机が並んでいた。机の幅は広く、B5ノートを二冊広げてもまだ余裕があるほど。机と机の間にはやや分厚い木製の仕切りがあり、予備校生は通路を挟んで背中合わせになて机に向かていた。通路はO字型に繋がており、出入り口はここだけだた。
 私はその通路をゆくりと歩きながら彼らの様子を一人一人ざと見て行た。黙々とひたすら己の受験勉強に励む姿は、座禅に一心し瞑想に励む禅僧たちのように思える。この感想は初めて入室したときと変わていない。実際に、寝ているのか瞑想しているのか分からない人もちらほらいた。いさぎよく眠ている人を見ては、寝るぐらいなら私と変われよと思た。
 角に当たり、左に曲がりながらふと思た。
 私はいたい何をしているのだろう、と。
 この自習室には窓がなく、会話もなくて、電波も繋がらない。この三つの条件が揃うだけで、多くの高校生はほとんどの行動を封じられるのではないかと思た。ひと一息入れようと思い眺めたくなる外の景色もなく、気分転換のための会話もない。
 ある女子がこの自習室は電波がつながらないから心細いと言ていた。問題に頭を悩ましているとき、誰かのツイートを見ると少しだけ元気になると友人に言うと、友人は大学の先輩のツイターを見てると和むと言ていた。勉強は一人でするものだと思い、勉強しているときはスマートフンに決して触らない私としては、二人の会話は馬鹿にしたいところもあたし、共感してしまう内容でもあた。
 見かけたことのある青と白のボーダー柄のTシツを着た人が右手に見えた。その囚人のような姿から、すぐに私は石川だと分かた。
 近づいてみると、石川は勉強の代わりに違うことを熱心にやているようだた。彼の右側に開かれたテキストを彼は全く見ることなく鉛筆をひたすら動かしていた。
 石川に限たことではないが、彼は私が背後で立ち止またことに何も反応しなかた。この自習室で勉強する人たちは何者かが何を思て背後で立ち止まていようとも、気にする素振りも見せずに何かをし続ける。彼もひたすら鉛筆を動かしていた。紙と鉛筆のすれる音をささやかに出し続けながら。
 私はできるだけ邪魔せぬように石川の机を横から覗き込める位置まで踵を返した。彼は左側に寄て机に着く癖があたので、仕切りと彼の間は十分広く、それでも頭を下げて書いているときは見ることができず、彼がやと鉛筆を置いて顔を上げたときに大学ノートを覗き込めた。
 ノートには今にも揺らめきそうな白黒の炎が描かれていた。先端に近づくほどくきりと輪郭が描かれながらも薄く描かれた炎は、火元から外側へと何段階にも熱そうなグラデーンを帯びていた。
 鉛筆を持ち替えると、やたら熱心に燃え盛る炎の絵の続きを描き始めた。ノートの右側のページを使い、鉛筆でガリガリと炎の先を書き込んでは、鉛筆を寝かしたと思うと火元を塗り始めた。何度も何度も鉛筆を往復させ、消しゴムを使て薄く消したかのように見えると、また塗り始めた。
 ノートの右斜め上には広げられたままの参考書がほたらかしにされていた。それが現代文の参考書だと分かると、私は夏休み前の石川の模試の点数を思い出した。彼は現代文だけ全国平均を下回た。そして急遽、現代文の単科講座を受講し始め、私と同じ講座には出てこなくなた。それでも、顔を合わせれば話している。
 そこまで仲良くはないと思う。一人ぼちと見られるのが嫌だから、適当な同盟関係を結んだに過ぎないのだと思う。現代文の授業のときの席が隣だたから、石川は私に声をかけたのだと思う。友達とはいえない気がした。
 やがて天に上る揺らめく炎の先を描き終えたらしく、次に石川は炎の背景に立ち昇る手早く煙を描き始めた。
 ところが、その煙がまるで漫画チクな煙で、今までリアルチクに描いていた炎と似合わぬくらい固く不器用な煙だたので、私はそのアンバランスさに思わず吹いてしまた。炎の先はどこまでも細く長く立ち上ていきそうに描かれているにも関わらず、煙はシールをぺたりと貼り付けたように描かれ全く動きそうに見えなかた。
 私が思わず吹き出しても、彼は全く振り返ることはなく、それはこの部屋にいる人たちもそうだた。みな、一様に何かに取り組み、私を無視している。
 それにしても、石川も、その他の人たちも、どこからそんなダサい服を手に入れてくるのだろう。
 このとき、私はまたもや何をしているのだろう、という思いに駆られ、石川の煙がこの後にどうなるのかと気になりながらも、足早に自習室から出ていくことにした。
続きを読む »
« 読み返す