てきすとぽいトップページへ
てきすと怪 2015
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  11 
首切り地蔵
茶屋
 投稿時刻 : 2015.08.15 12:20
 字数 : 2727
5
投票しない
目次
 1 
 2 
全ページ一括表示
2 / 2
2015年8月15日

 朝から太陽が照ていて、今日は一日暑くなりそうだなどと思いながら、煙草を吸うなどして朝を過ごした。
 幸い県の神社庁のデータベースにF神社が載ており、住所は知ることができた。
 ところが、である。
 いざ出発しようとすると、土砂降りになた。
 ごうごうと雨が降り注ぎ、庭の砂利道が底の浅い川のようになている始末である。
 今日は、無理か……
 半ば、諦めかけていたのだが、幸いにも雨が小ぶりになた。書店で本を買う予定もあたので、先に書店に行て目的の本を買う。
 さて、いざF神社へ、と車のナビに住所を入れる。
 意外にも、母校のすぐ近くであた。
 ナビに従い、車を走らせる。
 ところが、ついた先はかなり狭い農道であた。
「目的地付近に着きました。案内を終了します」
 農道の真ん中で、非情にもナビはそう告げて案内を終えた。
 しばらく走るが、農道である。畑と果樹園、そんなものしか見えない。
 しかし、ふと横手に鬱蒼と茂る林が見えた。神社、仏閣特有の背の高い杉林だ。
 だが、農道から車が入れるような道はない。
 なので、再び表道に出て回りこんで入ろうと思たが、表の道からは、神社のようなものは見当たらない。
 結局ぐるぐるまわた末、道端に車を止めて、歩いて杉林を目指した。
 やはり、神社であた。民家の裏のようなところにあるため、表道からは見つけられなかたようであた。
 古く寂れた地域の神社特有の薄暗さを感じながら、名前を確認する。
 目的のF神社である。
 御祭神は木花咲耶姫命。
 せかく来たので拝む。
 さて、目的の地蔵を探すが、なかなか見当たらない。
 神社の脇に立つ、小さな供養塔か石碑が無造作に並べられている中に、それはあた。
 地蔵?
 最初に思た感想がそれである。
 普通、一般的に想像されるような石造りの地蔵ではない。
 素焼きである。
 あの特有の土器のような橙色。
 ボロボロ、崩れかけた胴体は一部完全にかけて、穴も開いている。
 首はある。
 しかしその首は転げ落ち、手前側に置いてある。
 確かに、地蔵と言われれば地蔵なのだが、どうにも想像とかけ離れていて、なんとも釈然としない気持ちになた。
 果たしてこれが「首切り地蔵」であるのか。
 素焼きなので、石に比べれば鮮やかで、本当に古い時代のものかも判然としない。
 確かに、不吉にも首は落ちているが、わざと落としたものではないのだろう。一度はセメントのようなもので修復されたようなあとも残ている。
 わからない。これが目的の「首切り地蔵」であるのか。周囲を探しても、他に地蔵は見当たらなかた。
 違うかもしれないが、そうかもしれない。
 手を合わせて拝み、さらに心のなかで許しを乞うた上で、胴体と頭の写真を撮影してきた。
 
 以下のURLがその写真である。

 http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=7265197299.jpg
 
 http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=0617579576.jpg

 http://www.fastpic.jp/viewer.php?file=1871072637.jpg

 朽ち果てた姿が、哀れにすら思えてくる。
 首を戻そうかとも考えたが、どうせまた落ちてしまうし、落下して割れたらそれこそ大変である。
 地元の方が、保全に努めてくれるのを願うばかりである。

 現在、特に奇怪な現象に遭遇するなどはしていない。
 もし何かあれば、追て記すが、地蔵とは本来祟るようなものではない。
 あまり期待してもらいたくはないし、私もあまり期待していない。
 
 
続きを読む »
« 読み返す

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない