てきすとぽいトップページへ
お題リレー小説
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  8 
花酔い
 投稿時刻 : 2016.03.09 14:30
 字数 : 1176
5
投票しない
花酔い
住谷 ねこ


3月3日はひな祭り。
花を飾ろう。
甘酒 飲もう。

雛あられ ころころ
ころころころ ころころ
雛あられ ころころ。

うちの、おひなさまは、うさぎだ。
うさぎの顔をしたお雛様とお内裏様。
着物の端切れで作てある。

子供が幼稚園に上がたのを機会にネトで買た。

ぬいぐるみは好きだが、人形を怖がるので
これを見つけた時は親子ともに喜んだ。

小さな建売の家に何段ものお雛様は置けないし
手のひらに乗るくらいのお雛様がちうどいい。

30cm×15cmほどの畳と両脇にぼんぼり
うしろに金の屏風もついていてかわいらしい。

遊びに来た娘の友達の中には、大きな何段ものお雛様を
ている子もいるが、この小さなうさぎの方がいいとい
羨ましがられていた。

「お母さんは?お母さんは持てなかたの?
おひなさま。」 

今年、小学校に入学する子供が聞く。

「どうして?」

「有希ちんのお雛様は、有希ちんのママの
なんだて」

「ふううん」

「ママの使てたお雛様をもらうのもいいね」

「あなた、だて人形嫌いじない」

「うん。でもお母さんのならいいかも」


私の、お雛様。

私も持てた。お雛様。

うさぎじなくて
端切れで作たのじなくて
こんない小さくなくて

ぱなお雛様だた。
8段飾りだた。

子供に価値などわからなかたが
そこそこ高価なものだたのか
ぱり品のよい顔をしているねと
よく聞こえてきた。

8段のお雛様を出すのはなかなか大変で
それをまた片付けるのも大変で
中学に上がる頃には、もう出さなくなていた。

おばあちんが入院してお見舞いに行た時に
突然、お雛様、たまには出さないと
あんたお嫁に行かれなくなるよ と笑た。

お雛様はそのまま実家に置きぱなしで
遠い記憶に、品のいい顔をしたお雛様と言われていたことが
いつまでも残ていた。

そのまま忘れていたが結婚してまもなく
父が亡くなり、母一人では広すぎる家に兄夫婦が同居することになり
兄の長女にお雛様を出してもいいかと問い合わせがあた。

とほたらかしだたのだから
虫が付いているかもしれないし
確認のためにも少し早めに出すというので
懐かしさもあて手伝いに行た。

そして愕然とした。

物置と押し入れに分散されていたお雛様一式の箱はどれもみんな
空だた。

誰かに譲たのだろうか。
すぐさま母にも聞いてみたが覚えがないという。

人にあげるにしても、中身だけなんてことがあるだろうか。
お雛様だけではない。
ひな壇の棚板一枚ないのだ。

あとは父がどうかしたかもしれないが
もう聞くこともできない。

義姉は、ないならしかたないわ残念だけどと言
サバサバと何も入ていない桐の箱を端に寄せて
お茶でも飲もうと言てキチンに消えた。

どこへ行たんだろう、私のお雛様は。

ころころ。
ころころころころ。
雛あられ。

甘酒飲もう。
花を飾ろう。

3月3日はひな祭り。





次のお題  川に落ちた子供の話をお願いします。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない