てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
ただひとり
 投稿時刻 : 2013.05.05 19:23
 字数 : 1065
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2013.05.06 03:53
ひやとい @hiyatoi
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
よくわかりませんでした。

プロフィール画像
2013.05.06 20:05
わんた @HyperionB4
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
長編(?)からの抜粋、ここだけでの第一印象は難解だったかもー。繰り返し読むと何かが見えてきて、そういう悟らせ方もあるのかなって勉強になるやら、自分の理解が遅いのを嘆くやらー。

プロフィール画像
この手の物理的な文体は、ボクちんには書けないから、どんな発想をするのかにゃあと思うのだ。さらにそこに哲学的思考を絡めるちゅー、ある意味王道パターン。難解だけど、お約束事を守っている気がしなくもにゃい。抜粋の文章みたいけど、立体的構造のお話ぽい。読む人を選ぶだろうけど、そんな世界観には、やっぱし癖のある文体が合うのかもー。

プロフィール画像
2013.05.12 19:42
茶屋 @chayakyu
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
数学概念、量子力学的概念の複素数空間はあまり良く知らないのでどの程度この文体、文章に絡んでいるのかよくわかりませんでした。
情感あふれる感じがしました。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
〈わたし〉が何者なのか、この抜粋部分だけでは分かりませんが、主人公をそのまま「主人公」と呼ぶ〈わたし〉のスタンスが面白いと思いました。時間がないもので今すぐには無理ですが、全体を読んでみたくなります。

コメント前に
する
ネタバレを含む