てきすとぽいトップページへ
初! 作者名非公開イベント2016秋
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  25 
袖擦り合うも
 投稿時刻 : 2016.08.01 00:55 最終更新 : 2016.08.01 01:31
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2016.08.01 01:31:06
- 2016.08.01 00:55:39
袖擦り合うも
白取よしひと


 しかしあれだな。こうやて流行りの喫茶店でウインナーコーヒーなんて啜てると贅沢な気分ですね
ほら、ちんちん電車がやて来ましたよ。東京もオリンピクの前と後じ大違いだ。何しろ街の活気が違いますや。脛出したおなご衆が歩いて来やしたでしう。そんなご時世ですよ。

「あ!どうぞどうぞ。あしは気にしませんよ。ご遠慮なく」
「これですかい?ウンナーコーヒーてしろもんですよ。なかなかハイカラでやし
「ほ。そちらさんがこれ。うん。お嬢さんはソーダ水だね」

ありあり。こり大変な混み様だ。なかなか女給に声も掛けられやしね。おと、昨今ウイトレスてのが呼び名らしいや。何でもかんでもアメリカさんの言葉にするてのもどうなのかね。おいおい。ここで呼んでるんだよ。お二人さんがご注文だ。

「あれ。どうしたんですかい?お嬢さん随分元気がない様だが」
「あ成程。人間関係てのが一番厄介だね
「気に病んでるお嬢さんに言うのは酷なようだが。この世の中そんな思い通りに行きませんよ」
おお。優しい兄さんだ。全くお似合いのお二人さんだね

「お二人さん。漱石先生の草枕て読んだ事あるかい?」
「そうそう。智に働けば何とかさて奴さ。御大層な先生でも悩む事はあるんだ。気にしね事だよ」
「そうですかい。兄さんは新聞社にお勤めですかい」
「いやいや。活字拾うてのは大変な仕事だ。お体大事にしておくんなさいよ」
「あしですかい?とんでもない。三歩歩けば明日に憂い、振り返れば後悔ばかりの人生でさ
「ですがね」

そう急かされてもね。人さまに偉そうな口叩くのは大の苦手でね。仕方ねな。

「あしはね。急がず、焦らず、妬まず、いつも笑ていて。そう晴れ間のお天道さんみたいな男になりたいと常々思てやすよ」
「何か聞いた事ある?ちとばかり宮沢の賢ちんのを拝借してますがね」

はははははははは。若いお人と話してると楽しくて仕方ねや。ほらお嬢さん。あんまり笑うと折角仕上げた化粧が流れやすぜ。はははははは。

「おや時間がない?そうですかい。これから活動、いや映画だね」
「それはいいや。急いだ方がいい」
「いやいや、それは置いたままで。勘定はあしがもちますよ」

いいもんだね。若いて。あしもあと二十若けり活動に時化こむのも悪かね

「え?相席ですかい。あしは構わないですよ」
さてさて。また笑わせて貰いますか。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない