てきすとぽいトップページへ
第41回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  10 
この悪魔め
 投稿時刻 : 2017.10.14 23:35 最終更新 : 2017.10.14 23:37
 字数 : 1922
5
投票しない
更新履歴
- 2017.10.14 23:37:54
- 2017.10.14 23:35:53
この悪魔め
スイカ(チコ)


 母は、現代を走ているはずの私よりもずと、現代子だた。私が出版社からタクシーを走らせる間、私とメールをしていた。
「そろそろ死んでしまいそう。だけどね、逆恨みなんてするんじないよ」
「すぐ行くから」
 そう私が送り返した後、しばらく連絡が途絶えた。そしてそれは、まさしく、死を表していたのだろう。20分間、息もできなかた。締切間近の作家を呼び出すことなんか比にならないくらい。汗が垂れる。運転手さんが心配してこちらを見つめている。だけれど、それどころじない!唾と同時に上を向き、呼吸、ああ早く。早く。
 現代では珍しく自宅で息を引き取た母は、最期までずとスマートフンを放さなかたと先生は言う。病気でも怪我でもなく、本当に安らかに死んだのだ。安らかな顔を見て、私はずとそうだと思ていた。
「うつ病の可能性、ありますね」
 先生が真面目な顔でそういた。嘘だ。母は病気なんかにかかるような人ではなかた。例えどれだけ私が家を空けようとも、帰てきたら必ずぴんぴんしていたのだ。必死に訴えるが、先生の確証が揺らぐことは無かた。
「テクノ依存症かもしれません。ついさきまで、貴女とメールをしていたんですよね?」
 先生の声は私の耳に確かに届いたが、依然として事実を受け入れられずにいた。そんなこともお構いなしに玄関が開き、悪魔がやてきた。
「よ、ババア、金もうちと貸してくんねーかなー
 酒の匂いが少しずつ近づいて来る。私は圧倒的な嫌悪感を抱き、母を抱いた。楠木。私の義弟で、養子として母が引き取た息子。私が中学校の頃家出して以来、度々顔を出しては金をせびる最低男。ちらちらとキーホルダーばかり引掛け、彼は母の前へと現れたのだ。
「あん? おいババア。ナニコレ。死んでんじん」
 先まで真赤に染まていた彼の頬が青ざめていく。立ち、そのまま玄関へと向かて行た。小さく折りたたまれたチラシを忘れて。信じられないほど、人の命の軽さを感じた。比較的低出生だた彼を、同じように出て行た父の助けなしに育てた母の苦労を悲観するように、私は母の顔を見つめた。
「ご家族ですか?」
……いいえ、何でもいいです」
「これ、お母様のエンデングノートです」
 先生は一冊のノートを取り出した。どこまで現代子な母親だ、私の知らない単語を簡単に放てくる。それは、どうやら遺書と同じようなもので、後悔や親族に伝えることを記すものらしい。

 後日、私はそれを見てみることにした。理由はない。母が残した物が、それとスマホくらいだた。金も、場所もほとんど男に取られ、行き場を失ていた母。それをしかりと受け止められるのは私くらいなのだろう。
『果南へ――もしまだ彼が来ることがあれば、いくらか包んで渡してあげてください』
 その一文を読んだ辺りから、私は目の前が暗くなていくのを感じた。ただ数文字の鉛刻が、私の心をおかしくしてしまたのか、その日から復讐の事ばかり考えていた。

「ねえこれ見てよ、男列車! だてさ」
「男性限定。珍しい寝台列車ですね」
 会社でのその会話を、私は聞き逃さなかた。いつもなら同僚のただの会話なのだが、その日その瞬間だけはレーダーが異様に察知していた。ただ、まだ迷ていた。そんなことをして、母が喜ぶわけがない。そう、逆恨みはしてはいけない。母との最期の約束。だが確実に、視界に暗雲がかかていた。
 包丁の鋭い光。LEDを反射させ、視界を、まるで白内障にかかたようにぼやけさせる。ああ!まな板に転がたタイの身体を刺す。もう、限界は近づいているのだと目に見えている。そして、その時は訪れた。楠木のチラシを開いてみると、まさしくその男性専用寝台列車の案内だた。プランに丸まで書かれてる。奴は乗り鉄だた。それを持して、私の心に浮かんでいた風船は、周りの汚い事象と共に割れ、吹き飛んだ。

 悪魔だ。私は悪魔だ。男装をして、乗り込んだ。揺れる車内で、中性を装てヤツを探す。とにかく、ヤツを。まだ入室案内はかかていない。取りつかれたようにシートを掴む。荒い息が、距離を詰めていく感覚を掴んだ。走た。走るほどに私は興奮してこう言た!
「悪魔め、すぐに見つけてやる」

 そして、彼を見つけたとき、私ではない誰かの声が聞こえた。
 悪魔はこちだよ。
 そんなやつ、悪魔なんかじない。
 俺が悪魔さ。君の盟友だ!最低な仲間だ!さあそいつの懐に包丁を、さあ!
 首を振る。だが、抵抗できない。一歩、一歩が私を拘束する。鎖が、私と楠木の指先一つ一つを、鮮麗な赤い糸であるかのように紡いでいく。離れない。離れられない!私は振り返て、悪魔を見た。

 こんな時に笑うなんて。この、悪魔め!
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない