てきすとぽいトップページへ
安眠文学
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  9 
ひとりぼっちの狼
ぱぴこ
 投稿時刻 : 2018.03.12 23:27 最終更新 : 2018.03.12 23:34
 字数 : 692
5
投票しない
更新履歴
- 2018.03.12 23:34:15
- 2018.03.12 23:32:42
- 2018.03.12 23:30:51
- 2018.03.12 23:29:58
- 2018.03.12 23:27:20
ひとりぼっちの狼
ぱぴこ


 狼はひとりで森に暮らしていました。
 ときには腹を減らし、ときには罠にかかりそうになり、じぶんはどうしてひとりなんだろうと考えることもありました。
 けれど狼は気ままに暮らしていました。すきなときに寝て、すきなときに遊ぶ。狼は、さみしいとおもうことはありませんでした。

 ある日、狼は森の中でひとりのおんなのこを見つけました。
 赤いずきんをかぶています。

「あのこもひとりぼちなんだろうか」

 花を摘みたのしそうにする赤ずきんのおんなのこを見かけて、そのときはじめて狼は「ともだちがほしい」とおもうようになりました。

 あくる日もあくる日も、森へやてきてはひとりであそぶおんなのこを見ていた狼は、おんなのこがひとりでさみしがているのかもしれないとおもうようになりました。

「よし、それならぼくがともだちになてあげよう」

 狼はそれからもただおんなのこを見つめていましたが、ある日彼女が手提げのかごを持て歩くのを見て、ついていくことにしました。

「そうか、おんなのこにはおばあさんがいたのか。じあおんなのこをびくりさせて、ともだちになるきかけにしよう」

 狼はおばあさんの家まで先回りして、おんなのこを迎える準備をしました。
 おばあさんの服を着て、おばあさんのめがねをかけて、するりとベドにもぐりこみました。
 さあ、いよいよおんなのこがやてきます。


 けれど、狼のねがいはかないませんでした。
 おばあさんに助けを求められた猟師が、おんなのこよりも先にやてきたのです。

 狼はながい眠りにつきました。
 おんなのこに花冠をつくてもらい、いに笑う夢をみながら、はじめてのともだちといつまでもたのしく暮らしました。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない