てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  31 
三途の川
 投稿時刻 : 2018.04.07 20:27
 字数 : 200
5
投票しない
三途の川
たかはし


三途の川は今日も賑わていた。
渡し舟を待つ行列や対岸のお花畑もそうだが、手前の河原ではおでんや焼きそば、たこ焼きなど様々な屋台が軒を連ね、お祭りのようである。
「どうしてまだ働くんですか?すぐ天国に行けるのに」過労で死んだ私は、ラーメン屋の男に尋ねた。
「いや、向こうの親兄弟にも会いたいんだけどさ、一人残して来ちまたかみさんが、もう一度あんたのラーメン食べたかた、なんて棺桶の傍で言うもんだからさ」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない