てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15  31 
切り取り
 投稿時刻 : 2018.04.09 18:48
 字数 : 200
5
投票しない
切り取り
今日源石


僕が時計を見て、あと一分で十五時になろうとしていた。
「今から時が止まります。はい! 止また」
何を思たのか、彼は大声で言た。
返す言葉が見つからない。いや、返していいのだろうか。
この場にいる全員が彼に注目した。いつになく真剣な顔つきをしている――ように見える。
彼はぴくりともしない。
なぜか僕らも彼に合わせて、硬直したままだ。互いに腹を探りあている。
そうやて、部屋の中は秒針の音だけが延々と響いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない