てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
終末は誰と過ごしますか?
 投稿時刻 : 2018.04.14 18:20
 字数 : 200
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2018.04.30 19:57
たかはし @eagleduck
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
コミカルな前半と、何とも言えない余韻の後半のギャップがものすごく面白かったです。
視点の移動や映像の美しさもお見事の一言です。参りました。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
文章もストーリーも、とてもリズムがいいですね。200文字という文字数の中に、見事にパッケージングされているように思えます。題材と展開のさせ方が上手いです。
細かいところだと「ベタな終末前」というのが技が利いてます。「ベタ」という言葉を使うと、そこから掘り下げる必要がなくなるんですよね。ローファンタジーといってしまえば世界設定を掘り下げなくていいのと似てます。この「ベタ」のお陰で、後半の猫とのシーンに自然に繋がっているように感じました。
最後のシーンも綺麗でした。情景がばっと浮かびました。「君の名は。」でした。見てないですけど。
ただ「いつもなら鼻で笑う家族も恋人もいない独身貴族の俺も、」と「俺は猫と空を裂く隕石の軌跡を見つめた。」の区切り方がお粗末ですね。初読では「いつもなら鼻で笑う家族も恋人も/いない独身貴族の俺も、」で区切ってしまったり、「俺は/猫と空を裂く/隕石の軌跡を見つめた。」で区切ってしまったりしがちです。文章が上手なだけに不思議です。200文字に押し込むために少々無理をしてしまったのでしょうか。

プロフィール画像
2018.05.08 18:20
 @imo012
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
ラストの情景がすぐに思い浮かぶのが素晴らしい。
普段から公園で猫と戯れていたのかなとか色々想像できるのも良いですね。
文章も読みやすくて良いと思います。

プロフィール画像
2018.05.09 02:35
和田島イサキ @wdzm
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
【感想というより個人的な読書メモです。作者様へのメッセージという形に整形してはおりませんので、不躾ですがご容赦ください】
・終末の一コマ。本文中の「世界よ滅べ」が楽しい。いや言われるまでもなく滅ぶのに! と突っ込んでみたくなる感じ。
・起こっていることのわりには(振られてるし世界滅びる)しんどくないのがいい感じ。淡々と受入れている感じというか。きっかけもテレビだったりして、「まあそんなもんだよね」みたいな空気が出てて、うまく言えないのだけれどそこがいいところ。

プロフィール画像
2018.05.11 20:54
小伏史央 @u17_uina
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
「あと三日」から本文を始めたのはどういう塩梅によるものなのだろうと少し考えました。ストーリーの作りとしては二日あれば充分に読めるので。放送局が機能する最後の日が「あと三日」だったのか。あるいは、告白したのは放送を見た翌日の出来事で、「テレビ」→「告白」→「公園」で三日間だったのか。
それにしても、猫は良いものですね。終末なんて気にせず、身寄りのない「俺」にも(鯖缶目当てに)寄り添ってくれる温かさ。
そして最後の一文が、終末ものとして非常に綺麗です。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
斜に構えた主人公だけど最後は外に出てなにかと一緒の瞬間を選ぶのが良かったです。秘めた切実さが表に出る感じで。



ネタバレを含む