てきすとぽいトップページへ
第2回200文字小説コンテスト
 1  25  26 «〔 作品27 〕» 28  31 
家路
ヒラK
 投稿時刻 : 2018.04.22 19:25
 字数 : 200
5
投票しない
家路
ヒラK


 夕日がきらきらする川の橋から、えんがまた明日て手を振た。たみちんも夕ご飯だからて、バイバイ。あたしも帰ろて紐の鍵をぶらぶらさせたら、空の大きな星がぴかと笑た。開いたお口に鍵をがちり。
 光の中から優しそうな女の人。近づいてつないだ手があたかい。お母さんかな、違うかな。お歌を一緒に歌う、にこにこ顔がとても好き。ふんわり、すてきな声がふてきて。
「ご飯だよ、お母さん」
 うん帰ろうね。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない