てきすとぽいトップページへ
第45回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  13 
人生相談
 投稿時刻 : 2018.06.16 23:27
 字数 : 940
5
投票しない
人生相談
ra-san(ラーさん)


『人生相談始めました』
 そう書かれた看板の横に、猫が丸まていた。
 私は辺りを見回したが他に誰かいる様子もない。場所は繁華街から少し離れた線路沿いの寂しい道で、今のような夜の時間には、私みたいな一杯ひかけた酔払いぐらいしか歩いていないようなところだた。
 誰かが捨てたゴミか、それとも何かの冗談の看板の横に、たまたま猫が丸まているんだろうと思た私は、酔払いらしい思いつきで、この猫に人生相談を始めたのだた。
「最近、人生に行き詰まりを感じていて……
 猫は逃げる様子もなく、私の顔を不思議そうに見ながら人生相談を聞いてくれた。私の人生の悩みなど、まあ、三十路の独身男性によくある仕事のマンネリ化や同世代の友人とのキリア差であるとか、両親の介護が始またらどうしようであるとか、独身を続けての将来の孤独死の不安であるとか、所得が増えないのに税金はどんどん増えていくとか、世間一般にありふれたごく平均的な悩みであるのだが、酒のからんだ相談はどうしてもクドクドと長くなてしまうものである。
……というわけなんだよ」
 そのため、そこまで話したところで空が白く明け始め、始発の電車の近づく音が線路を伝わて聞こえてきた。
「ああ、もう朝か。すまないね、長い相談になて」
 そう言たところで、今までじと話を聞いていた猫がすくと立ち上がり、私の顔を見て口を開いた。
「キミの相談はよくわかた。できる限りのことはしてみよう」
 ゴと後ろを走り抜ける電車の音に混じて聴こえたその声の出どころを確かめる間もなく、猫はパと走り去て朝の街に消えていた。
 それからである。
 私は仕事で異動を命じられ、異動先で成果を出して出世コースに乗り、所得が倍増。両親の将来の介護費用はもとより、結婚資金も獲得して結婚相談所を経て無事に結婚し、もうすぐ子供も生まれることになた。あの猫に相談した悩みが次々に解決していたのである。
 そして今、テレビで大規模減税を公約に掲げた政党の衆院選での大勝を告げるテロプが流れている。
 これもすべて偶然であるのだろうか? あの猫は本当は神様か何かであたのだろうか?
 だが、それ以上に私はある事実を深い感慨とともに感じていた。
「オレの悩み、所得が増えたらほとんど解決したな……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない