てきすとぽいトップページへ
第48回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  11 
人生は大博打
 投稿時刻 : 2018.12.15 23:47 最終更新 : 2018.12.16 00:01
 字数 : 1964
5
投票しない
目次
 1 
 2 
全ページ一括表示
更新履歴
- 2018.12.16 00:01:13
- 2018.12.15 23:49:16
- 2018.12.15 23:47:00
1 / 2
人生は大博打
淡月悠生@創作


……と、今日の客は俺だけか。邪魔するぜ。
マスター、今日はいつにも増して無口だね。ま、とりあえず聞いてくれ。さき恐ろしい目に遭ちまたんだ。
ㅤなに、することがねてんでフラフラ歩いてたらよ、黒いコートのガキに出会たんだ。大人用のコートを着た、痩せぎすのガキだ。

「どうした坊や、迷子かい?」

ㅤ俺にもあれぐらいの息子がいるからよ、気になて声をかけたらそいつ、妙に大人びた口調で喋り出しやがた。

「ああ、道には常に迷てるぜ。旦那もそうだろ?」

ㅤ随分とませたガキだと思たが、まあ、ガキだからこそ変に擦れたやつもいるもんだ。そこは気にしね

「ところで旦那、俺とちくら勝負でもどうだい?」

ㅤ久々に息子ぐらいのガキと遊んでやるのも悪かねと思て、うかり誘いに乗ちまた。……これが大間違いだた。最初は勝てたてのに、いつの間にやらこちが任されて大損だ。
……なんだよマスター。さきから無視しちまて。どうせ大金でも賭けたんだろて馬鹿にしてんだろ?
ㅤああ、そうさ。ポケトにいくらかあるから増やそうと思て賭けたら大負けだ。……だからこうやてあんたに金を無心しに来たんだよ。な、いいだろ?死ぬまでにはツケで払うからさ、いくらか貸してくれよ。

……思えば、最初から全然口を挟んでこなかたじか。どうしちまたんだい。……、俺みたいなろくでなしに貸す金なんてねてか? 薄情だね。そこそこ仲良くしてるつもりだたが、そんなに無視するほど俺が嫌になてか?

「旦那、話はついたのかい?」
「ちと待ちやがれ坊主」
……とくが、代金なんざいらねぜ。そんなモンに意味なんてねからな。……俺にも、アンタにも」

ㅤマスター、何泣いてやがんだ。客の前で泣く阿呆がいるかよ。……マスター?おい、どうしたよマルコ。なに号泣してんだよ。

……いつもなら、お前さんはここに来てくだらね話をしてたんだろうな。ちくしう、いくらなんでもこんな早く死ぬこたねだろ。ちくし……

……マルコ……

……ぱ気づいてなかたか、旦那。幽霊になり立てで慣れてなさそうだたもんでね。ちくら遊んでやたのさ。楽しかたぜ?」

ㅤああ、そうか。……死んじまてたのか、俺……
ㅤ何だ、じあ、ここの酒ももう飲めねのか。……ツケも払えねで、済まね
ㅤもう、あいつに釣た魚も食わせてやれねし、息子に漁を見せることもできねてか。海の男てのは、ほんとにいつ死ぬかわかりしなかてこた。

「おと、嘆くには早。いい方法があるぜ。ツケを払うために、もうい賭けてみるのはどうだい」

ㅤ人がしんみりしてんのに、このガキは楽しそうなこ……

「カモにしてんじよクソガキ。お遊びなら他所でやりな」
「いいや、旦那。幽霊の賭け事で必要なのは金じ……生命力だ。理屈なんざどうだていい。死に別れたダチ公に、息子に、嫁さんに会いたかねかい?」
……随分と口がうまいこて。……分かたよ、今度こそ大勝ちしてやら……!」

ㅤどうせ死んでんだ。これ以上失うものなんざね。パーとやちまおうじか。嘆いて死ぬなんてまぴらごめんだ。

……そう来なくな、旦那。人生は楽しんだもん勝ちだ」

ㅤガキはニヤリと笑て、色あせたカードを配た。
続きを読む »
« 読み返す