てきすとぽいトップページへ
第57回 てきすとぽい杯
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  13 
いい世界
 投稿時刻 : 2020.06.13 23:34 最終更新 : 2020.06.13 23:38
 字数 : 875
5
投票しない
更新履歴
- 2020.06.13 23:38:42
- 2020.06.13 23:34:48
いい世界
ひやとい


 バスは疲れない。
 もともと左膝が悪く、年を追うごとに駅構内を昇たり降りたりがしにくくなているので、来ればすぐに乗れるのがありがたい。
 遠いところへ急ぐなら電車のほうがいいことも多いが、都内の隣の区へ行くくらいの距離なら、わざわざ迂回路のバスを選ぶ事が多い。路面電車ならもといいが、もうそんな時代でもない。
 そういう選択をしはじめてまだ数年だが、それだけ年をとてきたということだ。小学生以来の左膝の痛みは、中学の頃に半月板損傷になたり三十代で半月板そのものを取る手術をしたりで、緩くではあるが悪化の一途だ。そのうち杖を使うことになるかもしれないが、できるだけあまり無理しない範囲で鍛えておき、少しでも衰えをカバーしたい。
 そんな調子で日々を過ごしているわけだが、そんな中、ついこの間も買い物でバスに乗た。最寄りのバス停から一本で行けるスーパーで買物をするためだ。近所にも小さなスーパーはあるが、そこよりも安いのが魅力だ。
 大きなリクサクを背負い、バスを待て、来たらすぐ乗た。このご時世で車内の窓は換気のためすべて開けられ、どこに行ても風が吹き抜けるようだた。乗る人も少なく、すんなり座席が確保できた。空いていればだいたいは一番後ろの端こか、降車口の後ろの席に座るが、その日は降車口の方を選んだ。スーパーに着くまでは二十分と少し。リクを膝の上に乗せて座り、窓枠の下に肘を乗せて頬杖をつきしばしぼんやりした。
 気づくと異世界だた。
「なんでースーパー行けないじん! 金返せ! てか元の世界に戻せ!」
 立ち上がて運転手に叫んだ。
「いやーなんだか知らないですけど、どうしても異世界て書きたかたみたいですよ」
「誰が書きたかたんだ? 知るかそんなの! はよ戻せ! 返せ!」
「お客さん」
「なんだよ!」
「昔から言うでし、バスガス爆発……
 運転手が言うやいなや、バスはガス爆発した。
 俺は吹飛び、そして空中を漂た。
 
 でいろいろあて帰て来たわけだが、洒落で爆発するなんて、シレにもならんと思いましたとさ。
 めでたしめでたし。バスだしかつおだし。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない