てきすとぽいトップページへ
第59回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  13 
夏の日の思い出が白く眩しく思えるのは
 投稿時刻 : 2020.10.17 23:07
 字数 : 833
5
投票しない
夏の日の思い出が白く眩しく思えるのは
ra-san(ラーさん)


 夏の日の思い出が白く眩しく思えるのは、きとそれが二度と手に入らないものだと知ているからだ。

「スイカ」
「おう」

 農作業の手を止めて、あたしが突き出したスイカを受け取た浩太は、適当な段ボールにスイカを入れて軽トラの荷台に積み込む。

「あー、お盆休みにさ、帰省するのて、その、何年ぶりだ?」
「忘れた」

 背中をむけてその作業をする浩太のぎこちない質問に、あたしはそけなく答えた。面倒な距離感を取ろうとする浩太の横に近づいて、あたしは思いつきを口にする。

「荷台、乗せてよ」
「暑いぞ」
「夏だからいいじん」

 麦藁帽子をかぶているあたしが、つば越しの上目遣いに笑てみせると、浩太は照れたように目を逸らして「好きにしろ」と、運転席に乗てしまた。

「昔さ、告白されたじん。こういうくそ暑い夏の日」

 走り出した軽トラの座席の後ろの窓を開いて、荷台と運転席で会話する。あたしは白い太陽を見上げながら、昔話に花を咲かせてあげる。

「ああ、黒歴史な」
「ひどくない? あたしの中ではビカビカに美化されてるよ?」
「振られた記憶なんてそんなもんだろ」

 そんな眩しい過去があたのは、もう十年も昔の話だた。

「まあ、ふと思い出したのよね」
「相当、弱てんだな」

 進学して、上京して、就職して、結婚して、離婚して、故郷で再会した幼馴染の軽トラの荷台の上で、あたしは夏の風に吹かれていた。

「でもさ、久しぶりに会てさ、やぱり美化は美化だなて」
「ひどくない?」

 土の臭いにまみれた浩太の手は思い出よりもたくましく、二人の子供を抱き上げる、家庭を支える力強い父親の腕だた。

「でも元気出た」
「それはよかた。振られた甲斐もあてもんだ」

 浩太が快活に笑う。あたしも快活に笑てみた。そう聴こえればいい。

「いいね、幼馴染」
「だろ?」

 屈託のない声。あたしは安堵の息を吐いた。
 何も後悔はないけれど、あたしは麦藁帽子の下から白い太陽を眩しく見上げた。

 夏の匂いが満ちている。

 でも、あの夏の匂いはもう戻らない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない