てきすとぽいトップページへ
第59回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  13 
 投稿時刻 : 2020.10.17 23:28 最終更新 : 2020.10.17 23:39
 字数 : 546
5
投票しない
更新履歴
- 2020.10.17 23:39:35
- 2020.10.17 23:32:20
- 2020.10.17 23:28:01
金木犀
すずはら なずな


窓を開けると花の香が漂てきた。あれは金木犀。

夜になると余計に匂いがわかるのね。
耳を澄ますと隣のTVの音 向かいの給湯器の音 遠くで走る電車の音。こんなに音がするのに 静かだて思うの、不思議だね。
話しかけても、キジトラの仔猫は 今日出した毛布の上で丸くなて寝ていて、ぴくりともしない。安らかな寝顔。昼間はあんなに激しく走り回て遊んでいたのに。

夜の闇と明るい黄色の月を見ていると、実家に残して来た年寄りの黒猫のことを思い出す。手を差し出すとすぐに舐めてくれた優しい子。


最初、トイレの芳香剤のかおりだて、言たのは 彼。
おかしいね。逆だよ、それ、て 笑て言てもきとんとした。花の名前なんてよく知てるねて 真顔で言われた。

「今時の子は」、なんて思てしまた、ちと年下なだけなのに。重なる小さな違いが気になて、逢わない方がいいのかな、付き合うなんて無理だよね、そう思てしまけ。


「紗良ちんの好きなキンモクセイの季節だな」
石鹸の香がふわとして 後ろに風呂上りの夫がいる。
「最初、トイレの芳香剤て言たくせに」
「そんなこと言け」
缶ビールのプルタブを開ける音。

「すかり寒くなたね。窓閉めるね、冷えちうから」
「いや、夜風が心地いい。ビールも旨い」

仔猫がうすら目を開ける。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない