てきすとぽいトップページへ
第6回 てきすとぽい杯〈途中非公開〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  13 
A・I・応答せよ
 投稿時刻 : 2013.06.15 23:28
 字数 : 1666
5
投票しない
A・I・応答せよ
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


「頬が緩むとは、どういうことですか」
 と、私の傍らにやてきたアンドロイドは言た。
「1号てさ、時々子供みたいな質問をするよね」
「私は、そういう風にプログラムされているので」
 1号はアンドロイドとしては実験的なタイプだ。必要な知識全てが最初からインストールされているわけではなくて、必要に応じて必要な情報をAIが収集し学習していく。だから時々、こんな初歩的な語彙についても質問したりする。それに本体の方も旧式だから、動きはぎこちないし、顔の表情は乏しいし、構成される音声もかなり抑揚がない。
「慣用句だよ。まあ、嬉しくてニコニコするて感じの意味」
「それは、良いことですか? 悪いことですか?」
「いいことでし、嬉しいんだから」
 少しの沈黙の後、1号は言た。
「私の頬は緩みません」
「1号の顔はあんまり動かないもんね」
「それは悪いことですか?」
「仕方のないことなんじない?」
 そう言うと、1号はしばらく沈黙した後、どこかへ立ち去た。
 私はやりかけていた作業を再開する。新しく博士が作ろうとしているロボトの本体を作ているのだ。
 やがて1号は再び戻てきた。
「私は、あなたが好きです」
「ええ? それ、どういうこと?」
「恋をしました」
「ねえ、1号、恋をするてどういうことかわかて言てる?」
「わかりませんが、これまでに収集した恋というものの情報に照らし合わせると、私は今、あなたに恋をしたと表現するのが一番妥当だと判断しました」
「わからないのに、て」
 私はその言葉に、なんだかイラとしてしまた。イラとする感情は苦手だけど、私は人間と同じ感情を持てるようにプログラムされているから仕方がない。私は人間と同じ感情を持てるように仕組まれているのに、恋というものはまだ知らなかた。なのに、私より未発達なAIを持ているはずの1号が愛を告白してきたことに、イラとしている。これは嫉妬というやつだ。
「困るよ」
 と私は言た。一号が無表情のまま首をかしげた。
「それは、良いことですか? 悪いことですか?」
「良いことでも悪いことでもないよ。私は、困るんだよ」
「あなたの頬は緩まないのですね」
「緩まないよ、困てるんだから」
「博士は、私があなたに恋をしたと知て、とてもにこにこしていました。頬が緩んでいました」
「それは、博士だからだよ」
「あなたが嬉しくないのなら、悪いことではないのですか?」
「良いことでも悪いことでもないよ。私が困てるだけだよ」
 そう言うと、1号はほんの一瞬だけフリーズした。時々処理が重くなて動かなくなることがある。多分恋という感情エネルギーを使たことで重くなたんだ。それから、無表情のままで、言た。
「私は、あなたが嬉しくないなら悪いことだと思う。でも私は、あなたに恋をしたことを嬉しいと思う。なのに私の頬は緩みません」
 それからまた一瞬フリーズして、復帰して、続けた。
「お願いがあります。もしあなたが、私の気持ちに困らなくなる日が来たら、私の頬のネジを緩めてもらえますか」
「そんな日は永遠に来ないよ」
「そうですか」

 博士は私も本当は恋に落ちたんだと断言した。
「仮にそうだとしても、困ります」
「そうだなあ」
「恋をしても、必ずしも嬉しいものではないのです」
「そうだなあ」
「1号は子供のようなのです」
「そうだなあ。それが僕は、愛しいと思うよ」
 私はそうは思わなかた。

 10年後、人工知能規正法が改正され、不確定要素の高い動きをするAIを搭載したアンドロイドは処分されることが義務付けられた。
「最後だからね、1号。ネジを緩めてあげるよ」
 博士はそう言いながら、1号の顔の部分を分解した。私は未だに1号の愛に困ていたので、約束は果たさなかた。
「1号、君は笑ている?」
「わかりません。笑ているかはわかりませんが、ひとつだけわかりました。恋をしていると、嬉しいだけではないのですね」
 そう言う1号の頬に近い部分の部品は緩んで、がたがたになていた。私にはそれがずいぶんと穏やかな笑みにも見えた。そうして私はまた死にゆく1号に嫉妬するのだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない