てきすとぽいトップページへ
第11回 てきすとぽい杯〈お題合案〉
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  15 
首畑
 投稿時刻 : 2013.11.16 23:12 最終更新 : 2013.11.16 23:31
 字数 : 1352
5
投票しない
更新履歴
- 2013.11.16 23:31:37
- 2013.11.16 23:27:42
- 2013.11.16 23:15:39
- 2013.11.16 23:12:18
首畑
小伏史央


 一面の首が、生えている。
 鼻歌を歌いながら、首に水やり。土を踏みしめる。足音がかなでる香りは、首たちの吐き出す甘くまろやかな声だた。首たちが気持ち良さそうに水分を吸収する。あー、あー。首たちの発する声に、わたしは一層鼻歌を強くした。
 収穫時まで、もうすぐよ。
 ああ、もうすぐ。たのしみだなあ。
 ひとりだけのハミング。でも、わたしはひとりぽちじない。だてまだ収穫されていないのだから。
 畑を見渡す。数え切れない首が、規則正しく四方に並び、あーあーと香りの良い声を出している。
 でも。
 畑の向こうから、誰かが覗いているのを、わたしは見つけた。また見つかた。ほんとに、しつこい。
 誰かは、わたしの視線に気付くと、慌てて逃げていた。どんな人だたのかは、よく分からない。でも、間違いなくこの畑のことを良く思ていない連中だろう。
 あー。あー
 今日の仕事はとりあえず、ここまで。首たちを眺めながら、わたしは考える。あいつらについては、明日、対策を講じよう。
 しがんで空を仰ぐと、遠い視界は雲ひとつない快晴で、まるでこの土地を見守ているようだた。
 満足して、首たちに視界を戻す。首がわたしの人差し指を食べていた。

 翌朝。眠けまなこで今日もお仕事。人差し指で目をこする。問題なく指は再生していた。
 畑に着く。わたしは愕然とした。
 霜が降ている!
 わたしは畑のなかに駆けた。全面、白く模様がかていた。
 あいつらがやたんだ。
 きと気温をいじたんだ。
 膝をつく。首たちは苦しそうで、声にも臭気が混じていた。
 せかく長い時間をかけて、いままで育ててきたのに。
 おねがい。元気になて。
 おねがい。
 そばでまぶたをおろしている首に、わたしは手を差し出した。
 食べて。食べて元気になて。
 がんばて。
 首たちに囁きかける。元気付ける。首は、少しずつわたしの指先をかじると、次第にまぶたを持ち上げてゆき、むしむしとわたしの拳をたいらげた。良かた。まだみんな、救える。
 案の定あいつらは気温調節機をいじていた。畑の隅に設置されているそれを、本来の数値に戻す。発見が早かたから、幸いにも被害は少なく済みそうだ。
 ホとすると同時に、あいつらへの怒りがふつふつと湧いてきた。さすがに今回は、見逃してやれない。
 どこに隠れているかくらい、わたしには丸見えなんだから。
 空を仰ぐ。
 その一点の雲。雷雲。
 調節機をいじる。雷雲から、雷を生成するくらい、今日のわたしの食費を抜けば容易なことだた。
 雷。ぴかり。落ちた。先には。昨日の、誰か。
 胴のある人。
 雷の落ちた地点に行てみると、そこに確かに人が横たわていた。わたしのことを侮ていたらしい。避雷することもなくやられたようだ。
 あいつらは、なぜこうも邪魔してくるのだろう。また来期も、その次も、こうして邪魔をしてはわたしに仕事を提供するのだろう。
 その人の胴体から、首を切り取た。

 ついに収穫期がやてきた。
 ようやくきたよ。待ち遠しかた日。
 あーあー、あー
 今日はなんだか首たちも活発だ。自然と鼻歌が出る。
 良い香りが畑中を満たす。
 わたしは試しにひとつ、首を地面からひこぬいた。
 あー、あー、あー
 今度はどんな味に仕上がたかしら。
 林檎みたいに。
 首をかじた。
 果汁がしたたり、服が汚れる。
 とても美味しくできていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない