てきすとぽいトップページへ
第11回 てきすとぽい杯〈お題合案〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  15 
ライフログハックな彼女たち
 投稿時刻 : 2013.11.16 23:29 最終更新 : 2013.11.16 23:31
 字数 : 2248
5
投票しない
更新履歴
- 2013.11.16 23:31:36
- 2013.11.16 23:29:50
ライフログハックな彼女たち
犬子蓮木


『林檎は嫌いじなかたんですか?』
 リビングでこたつに入てケータイを見るとツイターでそんな言葉が飛んできた。わたしはなんでそんなことを言われるのかがわからない。『なんで?』と聞き返してみると、その言葉を送信してきた相手は、わたしが林檎を嫌いだと思ていたということだた。たまたまテレビを見ていてわたしが林檎について、おいしそうてツイートしたから、気になたらしい。
『別に林檎は好きだけど』
『でもブログにすごい嫌いて書いてあたような』
 わたしはもう五年ぐらいブログを書いている。相手はそんなわたしのブログの読者だた。たくさんあるし、なにか勘違いでもしているんだろうか。他の誰かのブログと間違えているのかもしれない。
「テレビかえていい?」
 リビングに現れたお姉ちんが言た。ちと冷たい感じだけど綺麗なお姉ちんで大好きだた。
「いいよ。わたし部屋戻るし」
「そう」
 お姉ちんがチンネルを変える。
 わたしは、じあね、と部屋に戻た。
 部屋の明かりをつけて、机に座た。ノートパソコンのふたを開いて、スタンバイから復帰するのを待つ。一応、確認したかた。もしかしたら昔、嫌いとか書いたのかもしれない。
 思うことなんて、たびたび変わるし、なにかそういう気分のときもあたかもしれない。さほど問題がなければそれだて成長とかかもしれないからそのままで良いと思うけど、あまり悪い書き方なら直したほうがいいかなと思た。修正ではなく、追記とかでもいいし。それに気になていることもあた。
 ブログを開いて検索欄にキーワードを入れる。
 記事がひかかた。ひとつだけ。そのエントリを開いて読む。
『林檎は大嫌い。ぐしぐしした感じがイヤだし、なんか安ぽいよね。梨は好きかな』
 確かにそう書いてあた。だけど、記憶はない。なんだろう、そんなイヤなことがあた旅行だけ。わたしはしうがないので追記した。一回も嫌いになた覚えはないけど、『今は好きです』と。
 それからツイターで教えてくれた人にも返事をする。あやまて、昔はそう書いててみたいだけど直しましたと伝えた。
 椅子の背もたれに体重をかけて、首をまげて天井を見る。男性アイドルのポスターが貼てあた。ずと好きなんだ。
 それにしてもなんだろう、最近、こういたことが多かた。ブログを読んでくれた人と話したときに、『ですよね』と言われても『???』と答えに困てテキトーに返したりしている。確かにブログを確認するとそう書いてあるので、わたしが昔、そう思たのだろうと考えていた。
 でも、林檎を嫌いになた覚えなんてない。そのとき『この林檎まずい』となることならあるだろうけど、それ自体を嫌いになるておかしくない?
 わたしは他のエントリも見ていくことにした。振り返て読むのは嫌いではない。懐かしかたり、ああ、そんなこともあたなーと楽しめるから。
 だけど、今、目の前に出てきたものはそんな風に楽しめるものではなかた。
『彼氏と別れました。あいつ浮気して最悪。名前晒すのでみなさん気をつけてください』
 そんなことを書いた覚えがない。
『幾星霜のときを乗り越えて、ついに買いましたよあの本 (*´艸`*)ウフフ 今夜のお楽しみ』
 そんなもの買た覚えがない。
『大好きなお姉ちんと旅行にいきましたー
 お姉ちんと旅行? いつ? そのときは彼氏と言たはずだ。
 おかしい。おかしい。わたしの記憶が間違ている?
 もう一度、ブログのトプページに飛んだ。だけど、その瞬間、カテゴリ別にエントリ数が変わた気がした。さきよりもひとつ増えたような。
 わたしはそのカテゴリのリンクを押す。一覧を上から眺めていて、そう、見つけた。また書いた覚えのないエントリがあた。
 タイトルは『さみしい』というもの。
 中を読んで、わたしは部屋を出た。リビングに向かい、こたつに入てテレビを見ていたお姉ちんの肩を掴む。お姉ちんが持ていたケータイがこたつ布団の上に落ちた。わたしは善意からだけではなく、拾おうとする。
「さわらないで」
 お姉ちんが静かに言た。
「なんで?」
 わたしは構わずケータイを拾いあげた。そして画面を確認する。やぱり……、そこにはわたしのブログの管理画面が映ていた。
「なんで?」
 わたしは同じ言葉を繰り返した。言葉は同じでも意味は違う。それを示すようにお姉ちんにケータイを突き出していた。
「パスワードを好きなアイドルとかにしてちダメだよ」
「そうじなくて!」
 たしかにパスワードは部屋にポスターをはてあるあの人のプロフルだた。それはセキリテ上わるいかもしれないけど、だからてそれを知てて勝手にブログを書き換えていいわけじない。
「なんで勝手にブログ変えちたの?」
「さあ?」
 お姉ちんがほんとうにわからないという表情を浮かべる。いつも冷静で聡明なお姉ちんが、冷たいままこわれてしまたみたい。
「もう絶対やらないでよ」
「うん、ごめんね」
「あやまるならするな!」
 わたしは怒りがおさまらず、部屋に戻た。ブログのパスワードを変える。ああ、全部確認してなおさなきなー。めんどくさくなて、とりあえずツイターを開いた。なんか怒りをツイートしないと気が済まない。だけど、そこではもう会話が進んでいた。
 わたしじないわたしが友達と……
『お姉ちんとケンカしちた。お姉ちん大好きだからちと落ち込む……
『元気だしてー
『(´・ω・`)ウン……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない