てきすとぽいトップページへ
第52回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  16 
白井権八という刑
 投稿時刻 : 2019.08.18 10:24 最終更新 : 2019.08.18 11:58
 字数 : 1000
5
投票しない
更新履歴
- 2019.08.18 11:58:07
- 2019.08.18 11:47:21
- 2019.08.18 10:24:48
白井権八という刑
コユキ キミ


「お前の刑は『白井権八』である」
 重々しく、宣言されたが、しらいごんぱち? なんのこである。
 タイムトラベラーが受ける刑罰は、歴史を補修する刑である。
 カジアルにタイムトラベルをする現在、歴史の改変は重罪だが、信長の兜に、「お前は、本能寺の変で死ぬ」などと落書きする輩があとをたたない。歴史犯罪には、歴史の穴埋めをする刑が課せられる。重罪の場合、自分の時間をつかて歴史上の人物を演じることになる。
 俺は、軍用プラスチク爆薬で、村一つを壊滅させた。「俺の村が焼けた」と、SNSに投稿したところで逮捕された。その穴埋めのためには村人の数の歴史犯罪者を送り込まなければならないわけで、俺の刑はその中で一番長寿かつ、ひどい人生を送た者を演じるのかと思ていた。村一つ焼いて、一人の人生を演じる。得した気分。と思ていたけれど、なんか予想とは斜め上の展開のようだ。
 俺の頭のなかに、白井権八のデータが送り込まれてくる。
「待て」
 最初から、俺はつまずいた。
「平井権八だと」
「本名は、平井権八だ。白井権八は、『御存鈴森』の登場人物だ」
 執行官は、大まじめだが、冗談にしか聞こえない。わからないまま、データを追い続ける。
 ちと待て、矛盾だらけだ。
「1655年生まれで、1655年に幡随院長兵衛と出会て、義兄弟の盃をかわすてムリムリ。0歳だよ」
「その時は、18歳の水も滴る美少年なんだ」
 この執行員、頭おかしいんじねーか?
「そもそも白井権八て、歌舞伎とか映画の登場人物だよね。幡随院長兵衛と出会たら面白いてことで適当に作られた話だよね。史実じねーよ」
「なにが史実であるかは、たいした問題ではない。最近の通説では、白井権八はドラキラで、18歳の姿で忽然として歴史上にあらわれ、25年間美しい姿のままで、130人もの人を殺し、金品を奪い、幡随院長兵衛と愛し合い、鈴森の刑場で死ぬんだ」
「そんな無茶な」
「現状では、それが史実とされている。18歳の美しい姿を保つために、2年ごとに呼び寄せて調整する。内臓に負担がかかるだろうが、25年くらいはもつだろう」
「なにが歴史上の人物かわかんねーよ。歴史じねーよ」
「歴史など、もはや修復もしようもないほど、ぐちぐちなのだよ。そろそろ、頭がぼーとし始めたか? 大丈夫。頭の中に落とし込んだ、データの通りにやればいい。そろそろ刑の執行が始まる。白井権八という刑の」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない