てきすとぽいトップページへ


第16回 文藝マガジン文戯杯「秋の味覚」主催 : 文藝マガジン「文戯」編集部



《 投票メニュー 》
集計結果
期日後投票



秘密
柿の実 猫の木 ヨリの庭
さんま
焼き芋屋
死ななんと
ドラマツルギー秋の味覚篇
秋と父



チャットに参加する
一覧ページにコメント
2021.07.15 22:07
プロフィール画像
お疲れさまです。あちです。今回、1番乗りしちゃいました。よろしくお願いします。

一覧ページにコメント
2021.08.22 19:31
プロフィール画像
最下位になりに来ましたw
低評価上等!

一覧ページにコメント
2021.08.22 23:43
プロフィール画像
最下位はもらった!

『秘密』にコメント
2021.08.23 00:03
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
甘いものを食べなくなったので、自分ではそんなことはしないだろうなあと思いつつも、なんとなくうらやましさを感じます。どこの誰かわからないキミに問いかけているからなのかもしれません。

『柿の実 猫の木 ヨリの庭』にコメント
2021.08.23 00:22
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
なんだかそれぞれにこだわりのある、難しそうな人間関係の中にいる人たちなんだなあってなことを思いました。

『さんま』にコメント
2021.08.23 00:23
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
叫ぶほどうまいさんまとは、雁屋哲が言っていたぶっといやつのことなんでしょうかね。

『焼き芋屋』にコメント
2021.08.23 00:24
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
移動販売車もめっきり少なくなりましたね。

『死ななんと』にコメント
2021.08.23 00:25
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
私もそんなことを目にするようなトシになってしまいました。

『ドラマツルギー秋の味覚篇』にコメント
2021.08.23 00:27
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
新生物をマツタケという名前にしただけでは……いやそんなことはないか。
躍動的で、さすがの手練れぶりでした。

一覧ページにコメント
2021.08.23 01:27
プロフィール画像
彼女のツイートを読んで、反省するところがないわけではない。
今回の評価点で1、2の票数から住人を把握したい。
私がうまいとも思っていないけど、意図的に1、2に投票しているのが毎回いる。
それを確認するのが今回の目的。

一覧ページにコメント
2021.08.23 09:39
プロフィール画像
荒らし行為を繰り返したNG投稿者であるため、@aimorefuck氏の作品はすべて投票外とします。

一覧ページ返信コメント
2021.08.23 12:18
プロフィール画像
投票外にするなら、システム的に投票できないようにしてください。
荒らし行為の具体的内容の記載もお願いします。

一覧ページにコメント
2021.08.23 12:49
プロフィール画像
日本国憲法
第二十一条 集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。
○2 検閲は、これをしてはならない。通信の秘密は、これを侵してはならない。

【裁判所の判決(抜粋)】
• 憲法21条1項の規定は、表現の自由を保障している。そうして、各人が自由にさまざまな意見、知識、情報に 接し、これを摂取する機会をもつことは、その者が個人として自己の思想及び人格を形成、発展させ、社会生活 の中にこれを反映させていく上において欠くことのできないものであり、民主主義社会における思想及び情報の 自由な伝達、交流の確保という基本的原理を真に実効あるものたらしめるためにも必要であって、このような情 報等に接し、これを摂取する自由は、右規定の趣旨、目的から、いわばその派生原理として当然に導かれるとこ ろである。

つまり編集部は憲法より上位の権利を持ち合わせていると言う解釈が投票外にするなら成立するのか?
それとも投稿自体は許しているから憲法の表現の自由は担保していると言う解釈なのか?

川辺さん、大沢さん、ここをはっきりさせましょう。

一覧ページ追記コメント
2021.08.23 14:41
プロフィール画像
荒らし行為の時効はないのか?
そうすると前科を許さない非民主的なメディアとなります。

また、誰へ対する荒らし行為が今回、行われたのか?

作品自体では荒らし行為は行っておりません。
ちゃんとした俳句の体裁は成しています。

一覧ページ返信コメント
2021.08.23 15:52
プロフィール画像
それと主催者の仕切りが悪すぎる。
投稿締め切り前にwarningがあれば作品削除に応じていました。
毎回、締め切り後にわざと晒すため、締め切り後に失格にするとか主催者の名による異端審問だ!

一覧ページにコメント
2021.08.24 04:10
プロフィール画像
大沢愛様、川辺夕殿

失礼があったことをお詫びいたします。
全ては私の不徳が致すところでありました。
今回は全て己の不始末です。
謹んでお詫びいたします。

また、参加のみなさまにお願いです。
エゴサーチはやめてください。
現実生活に影響が及んでいます。
具体的な被害は明かせませんが、法テラスへの相談を夏が終わったら、しに行く予定です。

『秋と父』にコメント
2021.08.29 00:16
プロフィール画像
なんとか入れました。エッセイですね。これだけだと短過ぎて感想らしい感想も書くのが難しいです。幼き日の思い出として読みました。ただ、分量が少な過ぎて、何とも。今年は帰郷の予定ですか。私も子供の頃の思い出を軸に書いてみるしかないかなとこの年で思います。よくまとまっていると思います。

『秋と父』にコメント
2021.08.30 00:11
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
どうもです。秋の味覚という事ですぐにこの事を思い出したのはいいんですが、〆切ギリギリまで考えてもなかなか面白くする事ができなかったんで、やむなくこういう形になってしまいました。
書いてしまえば、違うエピソードをもう1,2個持ってきて関連付けさせてやればよかったなとも思いますが、まあそれはタラレバというものです。ご感想ありがとうございました。

『柿の実 猫の木 ヨリの庭』にコメント
2021.08.30 06:50
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
まとまりが良く、描写に無駄がない優れた作品です。未来ではなく過去や現在を語るひよりが別れに向き合えていない様子が巧く描写されています。特に「猫って、自分の死期を悟ると姿くらますとか言うしなぁ」という台詞で、物語の終わり、または二人の関係の終わりを強く意識させられました。実に効果的だと思います。
気になった部分は2点、ひとつは『庭の柿』の庭です。庭とは麻美さんが見つけた家の敷地だと思いますが、はっきり描写されていないので二重鉤括弧で強調したキーワードが曖昧なままになっています。タイトルで察しろとは思いますが(笑)、「だからさ、麻美さんがあの家を~当たり前のように思い描いてたんだ。」の台詞の中に柿の木がある情景描写があればもっと分かりやすいと思いました。
つぎに「ダイニングテーブルの三脚目の椅子~」の部分です。「専用」と「それはずっと同じ」がほぼ同じ意味なので、「同じ」が体型を指していると誤読するおそれがあります。「それはずっと同じ」を「ほとんどひより専用だ」に差し替えるか、現在のひよりの容姿を少し付け加えると良いと思います。

『秘密』にコメント
2021.08.30 07:12
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
読後「キミは知らないボクの秘密」がメロディーになって頭の中でリフレインして、詩というより歌詞だと思いました。「仕事帰りのコーヒーショップ~本当は別の理由で立ち寄る」までがAパート、「ボクは店内のキミを~一口かじり一口啜る」がBパート、最後の三行がサビといったところでしょうか。歌詞と考えればBに対してAの描写が足りない印象です。詩と考えたら、ホットカフェモカとスイートポテトを対句にして韻等の詩的表現を足すと良いです。苦さと甘さが恋の隠喩になっているので、より完成度が上がると思います。
主人公の心情が伝わるあたたかい文章は、読んでいてとても心地よかったです。

『ドラマツルギー秋の味覚篇』にコメント
2021.08.30 16:50
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
細けえことはいいんだよと言わんばかりのスピード感が素晴らしいです。スラップスティックな笑いが観察者の登場によって一気に無価値となる構成が良かったです。最初は松茸である必要はないんじゃないかと思いましたが、女性リポーターも登場することだし、男根の喩えと考えればお題の消化も問題ない気がします笑

『秋と父』にコメント
2021.08.30 18:36
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
読んでいてハナイグチに興味が持てたので、秋の味覚というお題にぴったりの作品だと思います。他の読者様が書いているようにエッセイとして読みましたので、小説としては物足りませんが良い〆だったのではないでしょうか。それでもやっぱり続きは読みたいですが笑
気になった点は「もっとも運転は出来ない」と「家に入れてくれるかどうかわからないが」の部分です。重複を気にされたのかもしれませんが「もっとも運転は出来ないが」のように最初と最後を同じ言いさし表現に揃えたほうが語り手の性格による言い回しが強調されたような気がします。

『秋と父』にコメント
2021.09.01 05:59
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
どーもです。
気になった点を確認しました。最初の指摘点に「が」を入れなかったのは、これからも車を運転することなどはまずないので、あえて言い切ったわけなのです。対して二点目の方は、もしかすると交渉次第では家には入れてくれるかもしれないので、期待と可能性を込めて「が」を入れた、ということなのです。
しかしまあ、掲載に当たっては絶対に直せと言う事なのであれば、そうしてもいいです。そこまで頑固でもないので。

『秋と父』返信コメント
2021.09.01 15:41
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
上記の件、納得いたしました。変える必要はないですね。
まあ、編集部川辺がガタガタ言っていても、それはたかだか個人の感想ですのでスルーして構いません。仕事として無理にひねり出しているんだろうなと察していただければ笑
文戯は明らかな誤字誤用以外は修正を求めませんので(縦書きなのに全角漢字と半角横数字の組み合わせを直さない人もいますので)、そのまま掲載させていただきます。

『秋と父』にコメント
2021.09.01 20:12
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
了解しました。いいかげんに書いているようでも、足りない頭で少しは考えているのがお分かりいただけましたでしょうか(笑
重ねてご感想ありがとうございました。

『秘密』にコメント
2021.09.01 20:50
(退会アカウント)
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
お疲れさまです。あちです。アタシの作品を読んでいただきありがとうございました。投票・感想、ありがとうございます。今回は小説の構想を練る余裕が時間的にも気持ち的にもなかったので、1人勝手に200字小説の形で投稿させていただきました。なので表現の足りない感じや伝わりにくい感じがあったかと思います。気になる人ができて、なんとなくその人を目で追ってしまう。どんな事を考えて何を感じているのか気になる。もやもやするけど嫌いじゃない、思わずにやついちゃうやわらかい気持ち。主人公のそんな様子が伝えられたら嬉しいです。いただいたアドバイスをもとに見直ししてみたいと思います。また次の機会もよろしくお願いします。

票の集計期間 2021.08.23(月) 0時  ~  2021.08.30(月) 0時
作品の最短掲載期間 投票終了から2ヵ月(2021.10.30(土) 0時まで)[?]
投票方法 5段階方式(平均)
投票終了まで 票の推移を公開しない


イベントの主旨、注意点など

第16回文藝マガジン文戯杯を開催します。
文藝雑誌「文戯」秋号に掲載する小説や詩等の作品を募集します。
掲載対象は投票平均点数上位の3作品となります。また小説、詩、及びその他の表現形態、いずれも文字数制限はありません。
掲載作品の作者の皆様には「文戯16 Fall」発行後、BCCKS(https://bccks.jp/)で使用できる当該雑誌の無料クーポンコードをツイッターのDMにお送りします。

【要項】
下記の条件を満たした作品。

1)作中に秋が旬の「食材」、または「料理」を登場させてください。

【注意点】
■新作未発表の1次創作のみ。既存の作品に加筆修正して新作として扱う場合、結果発表以前に改稿後の作品をウェブ等で公開しないようお願いします。また極端なエログロは選考対象外となります。
■投稿者、主催者、並びに運営への迷惑行為は禁止です。不快にさせる表現、過度な批判は「荒らし」と判断します。「荒らし」のアカウントによる投稿は予告なしに選考対象から外します。また該当アカウントの利用制限を運営へ依頼する場合がありますのでご注意ください。
■雑誌には縦書きで掲載されますので、意図したもの以外は、アラビア数字は漢数字に、英字などの外国文字はカタカナ表記でお願いします。
■文字のフォントやレイアウト等はBCCKSのフォーマットに準じるため、ご希望に添えない場合があります。
■雑誌掲載にあたり、著作権は本人に帰属するものとします。また印税分配はありませんので、自己の発表の場やプロモーションだとお捉えください。なお掲載に至るまでのやり取りはTwitterのダイレクトメールで行いますので、相互フォローののち、雑誌発行までは文藝マガジン「文戯」編集部(@BungiNovel)のアカウントをリムーブまたはブロックしないようお願いします。連絡が取れない場合は掲載を見送らせていただきますのでご了承ください。
■販売後の修正に関しましては発行後31日以降の対応となります。


ここに記載されていない項目については、
イベントの主旨・要項に記載のない項目についての基本ルール
をご確認ください。