てきすとぽいトップページへ
クリスマスイヴぼっち小説大賞&ぼっちついのべ
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  32 
真っ赤に染まったシングルベル
 投稿時刻 : 2013.12.24 23:22 最終更新 : 2013.12.25 00:36
 字数 : 3639
5
投票しない
目次
1. ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る♪
2. 友情に免じてちょっと付き合ってくれと、電話越しにアンジーに頼まれた。午後五時過ぎ、外はすっかり暗
3. 「別れたい」
4. 「無茶言わないでよ!」
5. 頭全体が熱を持っていて、ぐわんぐわんとひどい頭痛がした。
全ページ一括表示
更新履歴
- 2013.12.25 00:36:27
- 2013.12.25 00:19:15
- 2013.12.24 23:22:37
1 / 5
真っ赤に染まったシングルベル
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


 ジングルベル、ジングルベル、鈴が鳴る♪
 なんてよく知られた歌詞があるわけだけど、これ、「ジ」の濁点を取ると、なんとも言えないしぱい響きの歌になる。
 シングルベル、シングルベル、鈴が鳴る♪
『シングルベル』てなんだよて突込みは置いておいて。『シングル』という単語に漂うそこはかとない哀愁に、街のイルミネーンは歪んでしまいそうだ。
 そういえば、クリスマスはどうせボチですよー、なんて言た私に、じあシングルベルだなー、と笑たのは彼だたか。
 少なくとも。先月の時点では、こんなシングルベルのはずじなかたのに。
 サンタクロースの衣装よろしく真赤に染また両手を見て。どこで間違えたんだろう、なんて私は立ち尽くす。
続きを読む »
« 読み返す