てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 9
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6 
人狼少年
 投稿時刻 : 2015.01.11 22:24
 字数 : 3715
5
投票しない
目次
 1 
 2 
 3 
 4 
 5 
全ページ一括表示
3 / 5
 詩人が村に来て月が最初に欠けきた頃、少年は自分の立場が徐々に変化している事に気付きました。月のない夜に不吉な知らせを告げる鳥が羊小屋の屋根で鳴き、少年は問いかけますが返事はありません。
 それから月は満ち始め、詩人がやてきた夜の月に近付いた頃には手遅れでした。
「考えてみりあ、アイツに聞けばいいことだ」
「そうとも、あの子にはなんだて分かているんじないか」
 そんな事を言う村人は今までには一人だて居はしませんでした。何かが分かたからといてその為にどうするかは村人が決める事で、それは長であれ警吏であれ同じ事です。分かている事をするのと分かていないから何もしないのと、分かているからやらないのはまるで違うのです。
 そしてそれは、分かているかどうかとは関係のない事でした。少なくともそれは村人達にとて当たり前の事で、詩人が来るまでは“分かている事”だたのです。
「僕が何かを言うのと、みんなが働くことにどうして関係があるんだろう?」
 少年は羊に問いかけますが、羊は返事をしません。
羊に食い千切られた牧草が痛そうに悲鳴を上げ、毟られた草地から小さな羽虫が飛び立ていきます。
 その時、少年の背後で人の気配がしました。
それは酒場の裏手で交易の荷馬夫をしている男の嫁で、馬の手入れと馬具の直しで生計を立てている女でした。
「ねえ、そうは思いませんか?」
 羊飼いが振り返て女に言うと、相手は取り繕た笑みで頭を下げました。
彼女が言うには少年は村の導き手であり、救い手になるべきなのでした。今までの村人は間違ており、勝手勝手に無意味な苦労をしていたと言うのです。
 牧場のなだらかで小さな丘を下り、傾きに密生した小指ほどの小さな白い花を踏み躙りながら女は近付いてきて続けます。
「関係がないなんてそんな。ね? 冷たい言い方をするものじないわ」
 そういう意味じないんです――
そう、口を開きかけて羊飼いは黙り込みます。
 ゆくり、ゆくりと荷馬夫の嫁は少年に迫りました。そうして両肩に手を掛け、村の未来と彼の言葉がいかに大切であるかを教え諭したのです。
 この時彼に分かたのは、話をしても無駄だという事だけでした。
続きを読む »
« 読み返す