てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
スイカ(チコ)
@Hydrangea_MOVIE

居場所    : 二次元と三次元の間
ホームページ : https://t.co/5wBNPjdkpp

東方好きな人 星空文庫とかニコニコとかようつべとかに投稿
エントリー作品
【第38回 てきすとぽい杯】
「超ドベタ恋愛ストーリー」(1781字)
投稿時刻 : 2017.04.15 23:34最終更新 : 2017.04.15 23:43
窓からくる暖かい日の中に、君がいたという事だけ覚えている。
ピッ、ピッ、ピッ。 ...
【第37回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動5周年記念〉】
一報(585字)投稿時刻 : 2017.02.18 23:22最終更新 : 2017.02.18 23:27
「臨時ニュースをお伝えします。宇宙次元三Z-五X-八Y地、三次元空間住居にて火災が発生しました。 ...
【第37回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動5周年記念〉】
核兵器ください。(767字)投稿時刻 : 2017.02.18 23:00
 寝込んだままじゃ、外の世界のことが分からないや。テレビでも見ようか。なんて、しょうもないことからこの物語は始まった。――執筆 金鶏 ...
【第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉】
「はいけい」(275字)投稿時刻 : 2016.12.10 23:29
砂はまに立って、海を見ています。
日がかたむいてきました。波は通りましたが、船は通りません。 ...
【第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉】
どうぶつじかん(284字)投稿時刻 : 2016.12.10 22:54
1分たちました。アゲハチョウがひらりと家へ入ってきました。
2分たちました。カッコウがひゅうと家へ入ってきました。 ...
【第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・白〉】
どうか(401字)投稿時刻 : 2016.12.10 22:28
ある日少年が散歩をしていると、少女に出会いました。少女は言いました。
「私にはじかんがありません。どうか手伝ってくれませんか」 ...
【第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉】
落とし穴(256字)投稿時刻 : 2016.12.10 23:51
落とし穴を作ってみました。
あらら、ねずみが1匹落ちてしまいました。 ...
【第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉】
絵本(269字)投稿時刻 : 2016.12.10 23:10最終更新 : 2016.12.10 23:15
私はめいろ。めいろの絵本。だれにも買ってもらえない、つまらない絵本。
今日も絵本屋に子供がやってきた。 ...
【第36回 てきすとぽい杯〈紅白小説合戦・紅〉】
コックのなやみ道(339字)投稿時刻 : 2016.12.10 22:40最終更新 : 2016.12.10 22:41
ある日コックは迷っていました。
「今日お出しする料理はハンバーグかカレーライスか。どちらがいいでしょう」 ...
【第35回 てきすとぽい杯】
(1496字)投稿時刻 : 2016.10.15 23:27最終更新 : 2016.10.15 23:39
 物を形作るには、必ず何か決定事項を付ける必要がある。
 大都市では大勢の人間が就職し、社会に奉仕するというルールがする。森の中で...
【【BNSK】2016年9月品評会 】
鯖道~mackerel’s load~(979字)投稿時刻 : 2016.09.26 00:00
――漁獲量過去最高一六十トン。日本古来から愛される彼らの素顔に迫る。
 茨城県某海岸。コンクリートに波打つ大海原の前に立った我々取材陣は、恐れお...
【第34回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉】
とぶ(1000字)投稿時刻 : 2016.08.20 17:42最終更新 : 2016.08.21 03:38
 水中を高速で泳ぐことができる僕は、ペンギン。
 鳥の仲間である僕らは、飛ぶことができない。前、お父さんにこうやって聞いて...
【初! 作者名非公開イベント2016秋】
学校(1031字)投稿時刻 : 2016.08.17 04:39最終更新 : 2016.09.04 22:05
 寂れた教室の地面を踏みつけると、コンッと寂しい音が響き渡る。もっとたくさん机が並べられていたはずなのに、今は黒板が棒立ちしているだけ。こんな暗闇の中じ...