てきすとぽいトップページへ


第2回200文字小説コンテスト主催 : 小伏史央



《 投票メニュー 》
候補作品一覧
途中経過

《 投稿メニュー 》
※ 作品を投稿するには、
してください。



私は知らない
手品
18(K)
可愛くなりたい
鏡の中の虚像
おかえり!
魂のエトランゼ
ある日道行く散歩道で
舞う桜
この世界が朽ちゆく終末の夜に
看守・大井川からの脱出
トゥインクル☆ドラゴンスレイヤー
三途の川
切り取り
よくある話
いっぷく
終末は誰と過ごしますか?
キャットタイピング
冷血漢
幻想恋歌
ときがつながるとき
このシステム
欲しかったものはここにもある
七年目の真実
食いしん坊バンザイ
家路
愛の魔法
毎日の帰り道
赤い糸
輝きを纏う竜



チャットに参加する
『私は知らない』にコメント
2018.04.24 01:08
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
怪談を聞いていれば抜け出せたとも限りませんが、「耳を塞いで」情報を遮断していたから、「その答えを私は知らない」のだともつながっていて、その点が面白いなと思いました。
「鏡を見て~」からのたった3行で状況を繰り返させているところといい、一切無駄がなく、文章全体の統率が取れていて流石です。

『手品』にコメント
2018.04.24 01:55
プロフィール画像
※ 作品のネタバレを含む
コメントを表示
改行を使わなかったところにセンスを感じました。
父親と「私」の話であるように見えて、「私は望まれた子でなかった。」という一文からは直後の二文から判断しても、母親の存在のほうが強く映る。しかし過去でも現在(十年後)でも母親と「私」の関係については直接的な叙述は避けられており、その分想像が掻き立てられる作りになっていると思います。封筒に入っていた鍵は、鍵を持っていないはずの父親の「手品」なのか、それとも文中で語られなかった母親と「私」の関係性を修復させるために、結婚式を機に母親が送った鍵なのか、など、様々な読み方ができるとても噛み応えのある作品でした。

票の集計期間 2018.04.23(月) 0時  ~  2018.05.14(月) 0時
投票方法 5段階方式(平均)
投票終了まで 票の推移とコメントを公開する


投票の主旨、注意点など

 200文字ジャストの小説作品を募集します。

■開催期間
 作品募集:4月1日(日)~4月22日(日)
 投票:4月23日(月)~5月13日(日)


■募集要項
・空白と改行を含めず、200文字ジャストの小説作品を募集。
 (投稿時に表示される文字数です)
・ジャンル不問。
・★ひとり1作品まで。


■投票について
 作品ごとに☆5段階評価で投票していただき、その平均値で競います。
 平均値の変動は投票期間中も公開されますが、内訳は投票期間後に開示されます。
 最も高い平均値を得た作品を「200文字小説大賞」、2位から4位の作品を「入賞」とします。


■留意事項
・投稿締め切り時点で200文字ジャストでない作品(199文字や201文字等)は選外とします。
・投稿による著作権の変動はありません。ご自身の作品であれば開催期間中でも転載等が可能です。
・前回は小説家になろうからの投稿も受け付けていましたが、今回はてきすとぽいでのみ募集します。
・前回実施していた「感想賞」は、今回実施しません。賞の気兼ねなく感想欄を盛り上げていただけると嬉しいです。
・前回は企画終了に合わせて別の企画を開催しましたが、今回その予定はありません。


第1回(2014)
http://text-poi.net/vote/56/


 企画概要は以上です。
 たった200文字です。どしどしお気軽にご応募ください!


ここに記載されていない項目については、
イベントの主旨・要項に記載のない項目についての基本ルール
をご確認ください。